技術|ゲーテハウス株式会社

FACADIER

技術|ウォール事業

GOETHE WALLの最も重要な要素の1つが、専門技能士「ファサディエ」の持つ卓越した技能です。
私たちは彼らを建物の顔を作る芸術家と位置付けています。
現在、日本における建物の壁のほとんどは、その扱いやすさから工業製品が多く使用されています。
そこでの左官職人の仕事は、表面にタイルや石を張るためのベース造りです。
しかし、GOETHE WALLにおいては、職人が建物の印象を作り上げ、その後数十年に渡ってそこに存在しつづけます。
だからこそ、職人には高い技能と芸術性が求められるのです。
私たちが、彼らを左官職人ではなくファサディエと呼ぶのは、従来の職人とは仕事の質が大きく異なるためです。

TEXTURE
-ブロアー工法-

ブロアー工法とは、吹き付け機を使用して素材を吹き付けた後、様々な工具を用いて模様を付ける工法です。
トローウェル工法と比較するとスッキリとシンプルな仕上がりです。

イビザ

仕上厚:約3mm

サンタフェ

仕上厚:約3mm

トラバーチン

仕上厚:約3mm

ニューソイル

仕上厚:約3mm

ルクソール

仕上厚:約3mm

ビシャン

仕上厚:約3mm

TEXTURE
-トローウェル工法-

トローウェル工法とは、熟練の職人が左官鏝ひとつで仕上げるハンドメイドの工法です。素材の良さを活かし、上質感を演出します。
手作りのため、ご要望に合わせて様々な表情を付けることが可能です。

木ずり

仕上厚:約5mm

木ずりコーマル

仕上厚:約5mm

プエブロ

仕上厚:約5mm

コテムラ

仕上厚:約5mm

コテムラリッジ

仕上厚:約5mm

アフリカンモダン

仕上厚:約5mm

ゴシック

仕上厚:約5mm

ネイティブ

仕上厚:約5mm

ホイップ

仕上厚:約8mm

ボタニー

仕上厚:約5mm

フロール

仕上厚:約5mm

縦木ずり

仕上厚:約5mm

ノワ

仕上厚:約3mm

ルタ

仕上厚:約5~8mm

ロメタ

仕上厚:約4mm

シュメル

仕上厚:約5mm

ゴフル

仕上厚:約5mm

ハロ

仕上厚:約5~8mm

掻き落とし

塗込厚:約10mm
仕上厚:約8mm

掻き落としライン

塗込厚:約10mm
仕上厚:約8mm

石調

塗込厚:約10mm
仕上厚:約8mm

くし引きワイヤー

塗込厚:約10mm
仕上厚:約8mm

くし引きタロッシュ

塗込厚:約10mm
仕上厚:約8mm

アベック

塗込厚:約10mm
仕上厚:約8mm

TEXTURE
-石積工法-

石積とは、GOETHE WALLの素材を生かし、石に見立ててデザインする工法です。
天然無機素材を原料としているため、本物の石より温かみと芸術性を兼ね備えた仕上がりとなります。

木ずり石積

仕上厚:約8~15mm

プエブロ石積

仕上厚:約8~15mm

掻き落とし石積

仕上厚:約8~15mm

石調石積

仕上厚:約8~15mm

ローマン石積

仕上厚:約8~15mm

レザー石積

仕上厚:約8~15mm

サンドストーン石積

仕上厚:約10~20mm

のこ肌石積

仕上厚:約10~20mm

のこ肌石積

仕上厚:約10~20mm

クアーツ石積

仕上厚:約10~20mm

自然割肌石積

仕上厚:約10~20mm

ライムストーン石積

仕上厚:約8~15mm

アベック石積

仕上厚:約8~15mm

ライムストーン
+ローマン石積

仕上厚:約8~15mm

ページトップ