Arcroboについて|ゲーテハウス株式会社

これひとつが革新的

AI( 人工知能)によるコントロールユニットが、様々なメーカーの機器・センサーと会話し、マネジメントを高度に行う先端技術です。
結果、ライフサイクルコストや設備機器状況が明確になり、メンテナンスが必要な箇所や時期がはっきりします。
ビルを丸ごとロボット化することが可能です。

AI Optimize Control & Cloud BEMS

AI 最適制御・クラウド型ビル環境エネルギーマネジメントシステム

導入された省エネ・創エネ技術を人工知能によって総合的に自動制御するシステム。
各種センサーから送られてくる多種多様な情報を統合し、建物を制御。
更にクラウド管理により建物の環境エネルギーデータを蓄積し分析、分析結果に基づき段階的に設備機器の最適化を実施します。

システム構成図

1.AIと機器をつなぐ

既存設備機器もしくは新規設備機器とAIをつなぎます。
また、各所にセンサーを取り付けて制御する準備をします。

2.最適な環境へ

各所に取り付けたセンサーからの情報を統合し、最適になるよう設備機器に話しかけます。

3.どこからでも見られます

集めた情報はクラウドに保存され、どこからでも見られます。さらに卓越したWi-fi 機能により、PC・スマートフォン・タブレットなどから管理が可能です。

総合管理メンテナンス

お客様の建物と管理センターを通信回線で結び、遠隔監視・制御を実施。
緊急時には、建物設備に精通した技術者が迅速に対応し問題を解決します。高度な技術とサービスで、高品質のビル管理を行い、ビル管理システム構築、 ビル経営の支援そしてライフサイクルコストの低減をお約束します。

共同研究パートナー

東京大学生産技術研究所

INSTITUTE OF INDUSTRIALSCIENCE

名称 : 東京大学生産技術研究所
拠点 : 東京都目黒区駒場
設立 : 1949 年

ページトップ